よくクライアント様にこんなに闇が深かったのかとか、変わっていないのかとか心配されることがあります。
でも、変わってないことはないですし、それなりに皆さま何かしら気づいていかれるので大丈夫かなとは思っています。

私自身のことを解いていくときや何かしら付着していたものをはずしたりするときがあるのですが、
そのときに自分はこんなに汚かったとか悪い人間だったのか・・・って思い悩むことはなかったと思います。
私は自分が汚れていたことを見て、こんなに取れてこんなに変われてよかった。
もっと変わりたい、もっと楽になりたいというのが先に来るので、
汚れていたことは汚れていたことでそういう自分もあったとは思いますし、
はずせたなら本当のもとの部分は良かったのだし、その重い自分を引きずっていたら大変なことになっていたなと思うので、
それなら怖いと思うよりも見たくない自分も見ていった方が次の楽さを考えたら良いかなと思います。
受け入れて良くなるなら受け入れた方が良くないですか。
その時向き合うのが少し怖かったとしても、よくなればその時だけですし、
進もうと考えることができれば進めるからそれなら私は良くなる方を選びます。
こんなにやってもって思ったりする方もいらっしゃるかもしれないです。
でも、やった分は良いことがありますし、やらなかったときのままいることを考える方が私には恐ろしいです。
やればやるだけのことはある。
だから、毎日私はクライアント様であったり、宇宙であったり、全てが良くなるように解いています。